ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編 怪談

ピーちゃんの忠告

更新日:

Sponsord Link

ファッション誌界で有名な、霊感の強い若い男性カメラマンがいます。

二八歳の彼は、みんなから《ピーちゃん》と呼ばれています。

本当は人を撮りたいのですが、モデルを撮るといろいろと映ってしまうので、物撮り専門のカメラマンをやっています。

ファッション誌界では、引越しをするときは必ずピーちゃんを呼びます。

部屋を見てもらい、

「この部屋いいですね」と言われれば何もない部屋です。

「この部屋ヤバいですね」と言われると、いわゆる《いわくつき物件》という部屋です。

あるとき、ピーちゃんの先輩カメラマンが都内で引越すことにして、部屋を見てもらうために最寄駅で集合しました。

まだ部屋に行く前なのにピーちゃんが

「先輩、この部屋止めた方がいいですよ。ヤバいっすわ」と言うのです。

先輩は気に入ってる物件なので

「せめて見てから言ってよ」と言い、ピーちゃんはとぼとぼついて行きました。

先輩が部屋のドアを開けた瞬間、ピーちゃんが

「やっぱりこの部屋、ヤバいっすわ」と言いました。

「なんで?」

「先輩、見えないですか?玄関のところに小さな女の子が体育座りしてますよ」

「えー!?」と先輩は思いましたが、気に入ってるし、霊感はないからいいかと、ピーちゃんの忠告も聞かずに住むことにしたのです。

二か月後、ピーちゃんは気になり先輩に電話しました。

「この番号は現在使われておりません」

ピーちゃんは先輩が心配になり、先輩の会社に電話をしました。

社長が電話に出たので、ピーちゃんは先輩のことを聞きました。

「言ってなかったっけ。あいつ、引っ越したあと、目を失明してしまって、カメラマンを続けられなくなり、実家に帰ったんだよ」

ピーちゃんはとても後悔しました。

どうしてもっと強く止めなかったのかと。

実は、玄関に入ってすぐのところに体育座りしていた女の子には、

目が、なかったのです……

(了)

[出典:2016年8月7日放送『稲川淳二の怪談グランプリ2016』都市伝説の貴公子「島田秀平」の怪談話]

 

怖すぎる話 真夜中の都市伝説/松山ひろし

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 怪談

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2019 All Rights Reserved.