ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編 怪談

落とし穴遊び【世にも奇妙な短編集】

更新日:

Sponsord Link

今年で十歳になるタクヤはお母さんが大好きだ。母一人子一人の母子家庭。家にはお金がなくて貧乏である事も承知している。スーパーで「何か一つ、お菓子を選びなさい」と言われた時も、一つ一つじっくり見比べ、出来るだけ安くて旨くて満足できそうなものを選ぶ。母親想いの健気けなげな男の子である。

 最近のタクヤの流行はやり、それはテレビで見た落とし穴遊び。幼馴染みで仲良しのトオルとシンゴと一緒に、大人一人がすっぽりはまるくらいの大きな穴を庭に掘る。

 木の枝や草などでカモフラージュするのは、頭の良いシンゴのアイディアだった。そして、自分や母親が間違って落ちないように、普段は木の板を被かぶせて置く。忘れっぽいタクヤのために、シンゴが用意してくれたものだ。

 ある日の事、一学期の終業式を終えて帰ってきたタクヤが一人で留守番をしていると、怖そうな男が家を訪ねてきて「お母さんはいるか?」と聞いてきた。

 タクヤはこの男を何度か見た事がある。「借りた金はいつ返してくれるんだ?」その度たびに泣いて謝る母の姿を見ていたので、こいつは悪い奴だと思っていた。

「悪い奴は懲こらしめよう」

 そう思ったタクヤは「こっちだよ」と言って、男を庭へと連れ出した。「あの小屋にいる」と指差すと、男は口笛を吹きながら大股で歩いていった。

「わっ!」

 小さな声が聞こえたかと思うと、男の姿が見えなくなった。タクヤは急いでその地点に向かう。恐る恐る上から覗のぞくと、落とし穴に落ちた男は頭を打って気を失っていた。

 「やった!」という達成感と同時に、「どうしよう」という不安感に襲われるタクヤ。そこへ車で買い物に出掛けていた母が帰ってきた。

 タクヤは母を呼びよせ、男の姿を見せた。母は驚きのあまり声を出しそうになるが、口を押さえて声を押し殺す。母はしばらく考えた後、にっこりと笑ってタクヤにこう言った。

「タクヤ悪いけど、家の中で待っててくれる? お母さんが良いと言うまで外に出ちゃだめだよ」

 根が素直なタクヤは、「うん」と答えて家の中に入った。その後しばらくして、母が家の中に入ってきた。はあはあと息を切らせ、汗まみれの顔には土がついている。母はシャワーを浴びた後、新しい服に着替えて出てきた。

「タクヤ、明日から夏休みだから、おばあちゃんちに遊びに行こうか?」

「うん、行きたい、行きたい!」

「じゃあ、今から準備して」

 夏休みの宿題やゲームなどをカバンに詰め込み、母と一緒に車に乗り込むタクヤ。ふと庭を見ると、落とし穴の上に被せる木の板が消えている。そして、心なしかいつもより、土の上に被せた草が盛り上がっているように見えた。

「あの男の人はどうしたの?」

「あの人はね、もういっちゃった」

 笑顔でそう答えると、母は車を走らせた。

[出典:https://www.writone.jp/listener/play/AS1Qtg76tseg0XItqR0k/zedHtwzwH2KCIyFdL0DF/xL4dwj64Oy0JEQTV1QgR]

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 怪談

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2019 All Rights Reserved.