ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編 ほんとにあった怖い話

猛犬使い

更新日:

Sponsord Link

十五年くらい前、私は東京某所の専門学校に通ってた。

15 :名無しさん@おーぷん :2015/09/17(木)03:09:28 ID:Kfe

専門学校といっても、より上級の学校に入るための予備校みたいなところ。

その学校に峯先生という、講師陣の中で最年少(当時三十代前半)で、課題も多く指導が厳しんだけど、上級学校への合格率は半端なく高い人がいた。

見た目もコワモテで、私たち学生たちはヤクザとか極道なんてあだ名つけてた。

ある日、講義が終わって校舎の外に出ると、お巡りさんが交通整理をしてる。

なにがあったのかと聞けば、猛犬がこちら側の歩道から動かないので、迂回してほしい、と。

野次馬の間から覗いてみると、一五メートルくらい先、歩道の真ん中で大きなシェパードが歯を見せながら、人間を威嚇している。

(こわっ!)と思って、回り道しようと振り向いたら、峯先生。

峯先生は「ん…… だいじょうぶだな」と犬に向かってスタスタ歩き始めた。

警官が制止しようとしても、一切かまわずスタスタ。

犬も、峯先生に気付いてバウバウ!と猛烈に吠えはじめる。

警官は「危ないから下がりなさい! 犬が興奮しますから!」

Sponsored Link

峯先生、犬の二メートルくらい前に出ると、歩道に胡坐をかいた。

で、冷静に「どうしたの、おまえ? なにが嫌なの? 怖くない、怖くない。ほら、おいで」と手を出して手招きを始めた。

犬は相変わらずバウッ!と吠えるんだけど、全く意に介さず、「いいから、おいでって。だいじょうぶだから」と。

一、二分すると、犬は吠えなくなり、(なんだ? こいつ?)って感じで峯先生を凝視。

峯先生は、高い音の口笛をピィー……と吹きながら、指をまっすぐ上に突き出し、ゆっくりと前に降ろす。

そしたら、犬がゆっくりとやってきて、先生の指をクンクンと嗅ぎ始め、やがてペロペロと舐めはじめた。

峯先生は「ほらな? はい、おいで。もう、大丈夫だから」と犬の首をワシワシ。

犬は、先生の首やら顔をベロベロと舐めた。

ワシワシ、ベロベロ、ワシワシ、ベロベロ……

(え? あの犬、先生の知り合い? お友達)って感じ。

野次馬たちから「ほぉー」とか「ふぅー」といった安堵の声が出始めて、先生が「うちの学校の駐車場まで連れて行きますから、そっちの道を開けてください」と。

先生は、犬の首輪を手に持って、屈んだ姿勢のまま、学校へ戻る。

犬は、先生の顔を見ながら、おとなしく従う。

その後は、聞いた話だけど、首輪についてた鑑札から、飼い主判明。

なんと、二日前に埼玉あたりから逃げたと。

幸い誰にも怪我をさせてはいないので、飼い主の厳重注意で終わったらしい。

私たちは、興奮状態のあんな巨大な犬を、数分で手なずけてしまった峯先生に衝撃を受けた。

本当に不思議だった。

(了)

[出典:http://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult]

 

神奈川の怖い話 [ 菊実仔 ]

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, ほんとにあった怖い話

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2019 All Rights Reserved.