ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編 山にまつわる怖い話

マタギの掟 ~ 捕ってはならない熊 ~

更新日:

Sponsord Link

マタギの本場・秋田県のマタギには、『捕ってはならない熊』として、三種類の熊が伝えられている。

ひとつはツキノワグマのトレードマークである月の輪がない『ミナグログマ

もうひとつはアルビノ個体である『ミナシログマ』である。

さらに、マタギたちが「関わってはならない!」とキツく教えているクマが、足の肉球に大きなコブを持つ『コブグマ』というクマである。

この『コブグマ』は東北のマタギたちに『小和瀬のコブグマ、大深の大グマ』と謳われた稀代の大熊であり、山神に最も近い御使い熊であるという。

秋田~岩手の八幡平周辺の山中を何百キロも闊歩する『渡りグマ』であると言い伝えられ、その大きさは六〇貫目(約225kg=曙クラス)とも一〇〇貫目(約375kg)とも伝えられる。

通常、ツキノワグマがどんなに大きくなっても四〇貫目(約150kg)ぐらいであることを考えれば、仮に六〇貫目あるとしてもワールドレコード級の大熊である。

もし伝承の通り一〇〇貫目あるとしたら、もうツキノワグマよりも大型であるヒグマでも、まずお目にかかることはない大物であるといえる。

面白いのは、この熊の実在がほぼ確実視されているという点である。

昭和三十四年四月、動物作家・戸川幸夫氏が豊岡・白岩マタギたちと朝日岳に動物の生態撮影に入ったが、岩手県境に近い朝日岳のナンブツルという地点で、氏は雪上に件のコブクマの足跡を発見、写真撮影に成功しているのだそうである。

私は実物を拝んだことはないが、写真に収められたその足跡には、三升入りの茶釜大のコブがくっきりとついていたという。

通常の熊の足跡が人間の手のひらぐらいの大きさであることを鑑みれば、足跡の主の巨大さが如何に常軌をを逸しているかわかろう。

マタギの本場である阿仁や西仙北マタギたちの間には、この熊をあわや射殺というところまで追い詰めたという話が残っているが、実際にその姿を見たものはいないという。

第一、この熊はいくら仕留めようとしても絶対に仕留められないと言い伝えられており、その伝説が独り歩きしたものなのか、いつしかこの熊は「討ち取ろうとしても絶対に打ち取れない熊」としてマタギたちに言い伝えられている。

(了)

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 山にまつわる怖い話
-,

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2019 All Rights Reserved.