ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編 ほんとにあった怖い話 心霊

真っ白な顔

更新日:

あれは私が中学三年生の時の話。もう十年以上前のことですが……

私は後輩の安岡と電話で話をしていました。

私は家の電話。

このころは携帯なんて無かったんですよね。

安岡は線路沿いの公衆電話で、あーだこーだとつまらない世間話をしているとき、電話の向こうの安岡が突然叫びだしました。

「うわあーー!」

私は何事かと思い

「どうした! 安岡! 何があった!」

と受話器に向かって大声で尋ねました。

「鈴木が! 鈴木が電車に轢かれた!」

このとき私と電話をしていた安岡の側では、もうひとりの後輩鈴木が、どこからか盗んできたバイクを乗り回していました。

そして踏切のない線路をそのバイクで渡ろうとした鈴木は、近づいていた電車に気づかず……

安岡はその時の状況を詳しく教えてくれました(聞きたくなかったけど)。

電車に跳ね飛ばされた鈴木は、耳から後ろの部分、つまり後頭部が全部無くなっており、そこから脳が飛び出していて、顔は血の気がなく真っ白だったといいます。

しかし驚いたことに、そんな状態にも関わらず鈴木は腕を地面につけ、グッと上体を持ち上げ起きあがろうとしたそうです。

これは多分心霊現象とかではなくて、体が反射的に動いただけだと思います。

案の定、一瞬起きあがりかけた鈴木は力つき、ドサッと倒れてしまいました。

安岡はそれ以降、しばらく焼き肉が食べられなくなったと言ってました。

ちなみにこの事故は新聞にも載りました。

ここまではただの洒落にならない体験談ですが恐怖体験はこの後、鈴木のお通夜に安岡や友人たちと行ったあとに起こりました。

私と安岡、そして高橋の三人で鈴木のお通夜に行ったのですが、夏休みの最中でもあったので安岡と高橋はそのまま私の家に泊まって帰ることになりました。

通常、お通夜やお葬式から帰ってくると、清めの塩を踏んで家に入ります。(地方によって違うかな?)

でないと亡くなった人がついてくると言われてました。

私たちはまだ中学生だったということと、バカバカしいという考えがあり、そんな行為は行わずに部屋に向かいました。

部屋に向かう途中、母が台所から「また今日はたくさん連れてきたねぇ」と声をかけられました。

私は「まあね」とだけ返事して、部屋に向かいました。

布団にもぐった状態で、私たちは死んだ鈴木の事や下らない自慢話などを三人で語り合い、そうこうするうちにいつしか眠ってしまいました。

……何時間か経過して、私はふと目を覚ましました。

ん? 体が動かない。これはひょっとして金縛りってやつか?

本当に動きません。

しかし目玉だけは動くようで、私は隣で眠っている安岡のほうを見ました。

私はギョッ! としました。

安岡も目を開けているのです。

そして天井を恐怖に満ちた目で凝視しています。

いったい何が天井に……

そう思い、目玉を天井のほうに向けた私は信じられない光景を目にしました。

鈴木の顔が、天井いっぱいに大きく映し出された、鈴木の真っ白な顔がそこにはあったのです。

「……!」

私は声にならない叫び声をあげ、意識が遠のきました。

そして翌朝。

絶対昨夜の出来事は夢だと思い、

「なあ安岡。俺昨日の夜、鈴木が天井から俺達を見下ろしてる夢を見たよ」

と聞いたところ

「……俺も見たよ」

続いて高橋も

「俺も見た、金縛りにあって……」

三人が同時に同じ夢を見るわけもなく、あれが現実だったことを思い知らされました。

そして今度からはちゃんと清めの塩を踏もうなどと話しつつ、朝食の用意をしてくれてる母の元に向かいました。

私たちを見るなり母はキョトンとした顔で一言、言いました。

「もうひとりは、先に帰ったのかい?」

(了)

 

怖い本(1) [ 平山夢明 ]

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, ほんとにあった怖い話, 心霊

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2018 All Rights Reserved.