ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

中編 心霊 恐怖の実話

コワイシャシン~心霊写真奇譚~

更新日:

プレステのコワイシャシンってゲームがやばいらしい

859 :本当にあった怖い名無し:2007/11/16(金) 03:35:11 ID:LjM5QepA0

開発会社に勤めてた人に聞いたんだけど、何人もけが人、自殺者が出とか……

聞いたのは俺の高校からのツレで、営業で入社したんだけど、まあ小さい会社だったらしい。

けど独自のソフトを結構開発してて社員の情熱のある会社だったとか。

で、ツレが入社して二年目に、夏発売予定のプレステ用のソフトを開発しようって事になったらしくて、会議があったらしい。

会議でやっぱり夏は怪談でしょって話になり、当時TVなんかで心霊写真を扱った特番を意識したゲームにしようって話になった。

開発のメインの増川(仮名)さんは、結構思い切った事をする人らしくて、本物の心霊写真を使って、プレーヤーにゲーム内で本当に除霊させようって話になったらしい。

増川さんが発案したときに会議室内では『いけるんじゃない?』みたいな感じで盛り上がり、社長もOKを出して開発がスタート。

だけど本物の心霊写真なんて見つけ方が分からない。

最初は本物じゃなくて良いんじゃないの?って意見も出たらしいけど、それだと売りが弱いって事で増川さんと社長が怒って、本物探しが命じられたらしい。

それで、ツレが探すことになった。

探すといっても本物の心霊写真なんかどこに行けばあるのかわからないので相当迷ったらしく、雑誌に募集をかけたり、大学の友人に片っ端から電話するとかしたら、なんとか七~八枚集まったらしい。

で会議にかけたけど全部ボツ。増川さんのOKが出なかったらしい。

ツレが言うには実際ろくなのが無かったとのこと。

で、心霊写真を発行してる雑誌社に電話して(聞くの苦労したらしい)聞いた所、そういうヤバ目のものを取り扱ってる制作会社を紹介してもらった。

実際行って話を聞くと、TVの心霊特番なんかの写真等も提供しているとのこと。

ツレは気になって写真の出所を聞いたら、霊媒師の所に持ち込まれた写真とのこと。

どうやら幾つかの霊媒師と契約していて、ヤバ目のものが持ち込まれた場合、買い取っているらしい。

写真が確保出来そうなので、増川さんをツレて、会社に行き今回のゲームの趣旨を話して契約完了。

内容は、
一、本物の心霊写真であること
二、除霊してないこと
三、写真の持ち主の了解を得ていること

だったとか。

三十枚程の写真を発注して、とりあえずは写真はOKって事になった。

で、もうひとつの問題。どうやって本当に除霊するかって話になった。

ゲームのシステムは既に決まっていて、画面一杯に写った心霊写真をカーソルを動かして霊を探す。

霊部分をカーソルで指すことが出来たら霊との戦闘開始。そして除霊という流れ。

最初の二つは問題無いし、本物(といえそうな)心霊写真さえ手に入っちゃえば、最後の除霊もアクションゲーム的に倒しちゃおうって話もあったらしいんだけど、実際の除霊とまったく同じ方法をゲーム内で行う、というコンセプトを曲げたくないとかで、写真提供もとの霊媒師を紹介してもらったらしい。

紹介してもらった霊媒師の所に行って説明して、除霊法を教えてもらえないかと相談。

ツレは正直、こんな話をしたら霊媒師にぶん殴られると思ったらしいけど、難なく了承。

霊媒師の名前を監修に乗せる事と監修料の支払いであっさりって感じだったらしい。

ちなみに除霊方法は、心霊写真の前で印を結ぶ、その際言葉(お経?)を発する。最後に護摩をたいた火にくべて終了。

こんな感じだったらしい。

早速その日からそれをゲームのシステムに落とし込む作業が開始。

印を結ぶのはプレステのコントローラーのボタン部分で行うことになった。

アナログコントローラを使う案も出たけど、直線的に星を幾つも描くような動きだったのでボタンにしたとか。

親指で最初△で次○ボタンみたいなアシストを画面に出して、印を結んでいく感じ。

その際に教えてもらった言葉がゲームから音声で出るって感じになったらしい。

最後の火にくべるのは、まあ画面から消しちゃえって感じにしたらしい。

システムが決まっちゃえば後は結構簡単で、プログラム的にも難しくないらしく、写真が来るまでの間に仮の画面で大まかに遊べるものが出来ていたらしい。

で、ついに心霊写真が到着。

結構すごいものから、よく判らないものまで多数あったとか。

ここでまた問題発生。

ゲームにはストーリーがある。

曰くつきの写真が霊媒師の女の子の元に送られてくる。

封筒の中には送り主の恐ろしい体験談の書かれた手紙とその元凶の写真。その手紙を読んだ後に除霊開始らしい。

ゲーム中にホラーノベルも入れてやれって話か。

で、到着した写真がえらく偏っていたとかで(海とか修学旅行ばっかり)、バリエーションをくれと何枚かリテイク。

さらに霊が見にくかったり、オーブってやつなのか?白いタマが画面全体に大小散らばりまくってたりして、使いづらいものが多数。

で、それらもリテイク。

一見なんでもない写真のようで霊を見つけた瞬間に衝撃!

みたいな写真が欲しかったようで……そんなやり取りを三週間位続けてたらしい。

で、ついに社長から提言。

開発期間が掛かりすぎる。心霊写真自体は本物なんだから、使いづらい部分は写真加工しちまえ。と。

ゲームのシステム的にも一枚の写真に二~三体の霊が望ましく、それ以下や画面一杯に霊が写ってるもの等は使えない状況だった。

社長のGOが出て、最初は嫌がっていた増川さんも写真加工に踏み切った。

要らないオーブは消す、霊が見にくい場所は霊を拡大、色調補正で浮き立たせる。

面クリア形のゲームなので、1面の写真など簡単にしたい時は霊を明らかに分かり易い場所に置き換える。

という感じで好き勝手に加工されていったらしい。

ただし増川さんの指示で、霊自体は絶対偽造しないことが決まりとなった。

例えば、霊が少ないと感じたら、他の心霊写真から霊を切り出してコピー&ペースト、インパクトが無いと感じたら、小さい心霊の顔を極端に引き伸ばして使用、といった具合だ。

正直デザイナー達は怯えながらの作業だったらしい。

心霊写真を使って心霊写真を偽造するという暴挙。

いろんな心霊写真を切り張りして霊だらけの一枚を作る作業。

霊を冒涜してるような気分の良くない作業にデザイナー達は心身共に疲れ果てて、有給を取る人が続出。

女性のデザイナーで鬱になり途中リタイアした人もいたらしい。

で、遅れに遅れてなんとかα版が完成。(α、β、マスターで完成という流れ)

声優さんに印の台詞を言ってもらいゲームに追加。(ちなみに野田順子)

心霊写真、印を結ぶボタン配置、除霊の言葉、と一通りのものが入ったバージョンが完成。

小さいゲーム会社なので、開発、営業スタッフと自社でアルバイトを数名雇い、時間を決めてデバッグ作業がスタートしたらしい。

最終のデバッグ(バグの発見)とは違い、ゲームバランス等を見るものだとか。

で、昼夜問わないデバッグ作業がスタート。

やっぱり夜のデバッグは怖いようで、有線でコミカルな曲を流したりしたとか。

でも意外に肝試し的な感じで夜のデバッグ希望者は多かったらしい。

Sponsored Link

異変があったのはデバッグスタート後二日目か三日目の昼とか言ってたと思う。

6面をクリアしている時だったらしい。

会社中に突然「ギィーー」ときしむような凄い大きい音が鳴ったらしい。(ツレも聞いたらしい)

その音はどんどん高くなっていって、ィーンと耳では聞き取れないほど高音になっていったとか。

音が消えたのか聞こえないのか判らなかったらしい。

社内がざわざわしてる時に、デバッグしてた所から声が上がったんで行ってみると、デバッグしてた企画担当者がコントローラ握ったまま倒れこんだらしい。

目開いたままでバキバキバキって歯軋りの音がしてたらしい。

で、すぐに救急車呼んで搬送されていった。

救急車に同乗した経理の女性によると、てんかんと診断されたようで、その日は診察後自宅で養生とのこと。

その時はてんかん=ポケモンのあれというイメージが開発内にあって、明滅のチェックが行われたらしい。

だが翌日朝に開発陣がビビル事件が発生。

自宅で養生していた企画担当者がまた病院に担ぎ込まれていた事が判明。

自宅に帰った後右手の親指を包丁で切り落としたらしい。

本人は自分でやったのは覚えているがなぜやったのかは判らないとの事。

早朝痛みで起きてびびったらしい。血だらけで、親指がないって。

ツレはこの時点でかなりビビったらしい。

開発の人間数人が呪いだとか言ってニヤニヤしてるのが信じられない感じがした、と。

マジでお前ら怖くないのか、ふざけんな、と。

で、最悪の空気の中デバッグ開始。

その日の夜デバッグしてたバイト君がまたバタン。救急病院行きになった。

大したことは無かったみたいだけど、バイト君の親から激怒の電話。バイト君と親のいる病院に謝りに行くハメに。

謝罪の後バイト君にその時の状況を聞いたらしい。

6面をプレイ中に霊との戦闘が始まり、印を音ゲー的に次々押していた。

その時にボタンを押し間違えたらしい。(押し間違えると印が途中で止まってしまう)

印を押し直してる時に「ギィー」という音がして急に目が見えなくなったらしい。瞼は開いてるけど全然見えない。

で、無茶苦茶パニクッてよく判らなくなって、気づいた時は救急車の中だったらしい。

その話を聞いたツレは翌日から三日有給取った。

その時に飲みに誘った店で俺はここまでの話を聞いた。

俺は「こわいねぇー」とか言いながら酒飲んでたと思う。

ツレが有給明けに会社に行くと、デバッグは中止してたらしい。

バイト君の話を聞いた社長がストップをかけたとのこと。

で、社員全員で御祓いをきちんと受けてから再開しようという話になった。

で、新宿の某神社にて御祓いして貰って、会社の柱に貼るお札も貰い、作業再開。

その時には6面と8面がヤバイと皆口々に噂してたので、(8面プレイ中に耳鳴りがして鼻血が止まらなくなったバイトが出た)

プログラマが6、8スキップなるものを作成しデバッグモードに搭載。

これはヤバイ、クリア出来そうにねえと思ったときにセレクト&スタート同時押しで一撃クリアにしてしまう技らしい。

また勢い良く発せられる野田順子の除霊の言葉に勇気をもらった社員内では、野田順子が変に崇拝されていたらしい。

さらに話を聞いた監修の霊媒師が御祓いをする為、会社に来社。

ムニャムニャお祈りして用済みとなった写真を持って帰っていった事もあったとか。

色々あってβも終わり、マスターの最終チェックを行う時になった。

この時の社員の団結は凄かったらしい。

バイトの中でも印を結ぶことを恐れぬ兵も登場し、マスターへ向け突き進んでいたらしい。

ただ、突然増川さんが会社に来なくなってしまったらしく、第四の犠牲者説が流れたらしい。

まあ実際は心療内科に通っていて一時的な有給だと会社からは聞いていたとのこと。

マスターの数日前、その増川さんから電話があり、体調が良くなってきたので本日より出社しますとのこと。

ツレは打ち合わせがしたく待っていたのだが来なかったらしい。

おかしいと思いつつ仕事をこなしていたその日の夕方、社長に社員だけが会議室に呼ばれ、話があったらしい。

増川さんが某駅のトイレで首を吊って死んでいるのが見つかった、と。

会社に向かう方向とは逆で、そしてその駅はあの6面の写真のすぐ近くの場所だと。

……聞いた瞬間経理の女性が恐怖のあまり会社から逃げて行ったらしい。

この事件で開発のモチベーションは地に落ち、チリジリに逃げる蟻状態。

結局ゲームは発売されたけど、バランスはボロボロ、グラフィックは加工をデザイナーが嫌がって最終処理されないまま、知らない人が見たら噴出すようなチープな雰囲気に、6面は難易度を極端に軽くし、前の方の面へ変更、社長の意向で監修の名前は消し、スタッフロールも開発は最後に残った数名が載るのみとなったらしい。

その話をクリア後のオマケにしようという不届きな者がいたが、開発全員から却下され、ひっそりと発売。

その後会社は倒産したようです。

ツレは今全然関係ない仕事をしています。

ツレに「開発中ヤバイ事あったか」と聞いた所、寝てるときに、意識ははっきりあるのに目が開けられず、息がどうしても吸えなくなる事があったらしい。

ムチャクチャ恐怖で、しばらく眠れなかったそうです。

※ちなみに、↓このゲームね。

 


「超」怖い話(鬼胎) [ 深澤夜 ]

Sponsored Link

Sponsored Link

-中編, 心霊, 恐怖の実話

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2018 All Rights Reserved.