ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編 ほんとにあった怖い話

航空機事故の現場

更新日:

私の友人である自衛官の体験です。

昭和60年8月12日。日本航空123便が群馬県の御巣鷹山に墜落して、航空機事故史上最悪の520人もの方が亡くなりました。

友人はその遺体の回収作業のために現地に赴き、そこで理不尽な死を遂げた方々の悲痛の叫びを聞くことになるのです……

現場は標高1500~1600メートルの尾根で、到着してまずその臭いに驚いたそうです。

燃料の刺激臭に混じり人肉や髪の毛の焼けた臭いが充満し、さらに地獄絵図が斜面一杯に広がっていて、平和な日本では(例え自衛隊員でも)経験した事のない世界がそこにはあったそうです。

友人は機体前方部に乗っていらっしゃった方の遺体の搬出を担当したそうですが、そこは五体満足な完全遺体はほとんどなく、ばらばらになった肉片や所持品、衣類が散乱していて、どこから手をつけていいのかわからなかったそうです。

収容する遺体すべてがどこの部分かわからないものばかりで、ひとつひとつ収容した場所や状況を書きながら毛布やシートにくるんで運び出したそうです。

そして夜はもちろん現地で野営をしたのですが、ほとんどの隊員は食事が食べれる状態ではありませんでした。

しかし翌日の作業の為に隊員達は無理をしてでも、戻しながらでも食べ物を口に運んだそうです。

寝る所は地面に毛布を敷いて、ひょっとすると下に遺体があるかも知れないという状況。

現地の自衛隊員、警察官は同じ条件のもと1日目の夜を迎えました。

昼間の作業でクタクタのはずなのに、夜の12時をまわっても大勢の人が起きていて、しかし辺りは誰もいないと思うほど静寂さが包んでいたそうです。

いつしか友人はうとうとして、夜中の3時頃に目を覚ましました。

すると周りが騒がしい。

(……なんだこの声は?)

声は最初は小さかったそうですが、徐々に大きくなってきました。

「大丈夫! 心配ないって」

「おか~さん」

「きゃ~!」

「うあ~」

――声はだんだんと悲鳴に変わりました。

時間にして15~20秒、彼は墜落寸前の機内の叫びを聞いたのです。

その間、全く動けなかったそうです。

朝6時前、大半の隊員はあまり眠れず、まんじりとした朝を迎えました。

隣の同僚もほとんど眠れなかったらしく、みんなで昨夜の出来事について話して驚いていると、1人の隊員は見たそうです。

足下から、上半身黒焦げの男性が這い上がって来るのを……

(了)

 

恐怖実話怪談図書館 [ 桜井館長 ]

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, ほんとにあった怖い話
-

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2018 All Rights Reserved.