ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編 怪談

狐と福【古典怪談】

更新日:

Sponsord Link

京都に住む貧乏な男の妻に、ある時、狐が取り憑いた。

それを幸運な事と受け取った男は、毎日ぜいたくな食べ物でもてなした。

数日後、妻の口を借りて狐が尋ねた。

「なぜ、こうまでご馳走してくださるのです? 見れば、ことのほか貧乏なご様子。質に入れる物さえ事欠くような暮らしですのに、不思議です」

「ご覧のとおり、何の因果か、昔から赤貧のためどうにもなりません。しかし、狐は福を授けてくれると申しますゆえ。すべて質に入れてでも、あなたにすがって、これまでの難儀を吹き飛ばしたいのです」

狐は迷惑そうな顔をした。

「そういうわけでしたら、わたしは一日も居られません。たった今、ここを去りましょう」

夫は驚いた。

「せっかく、今までご馳走してきたのに、出て行かれるとは情けない。いや、どうか遠慮なく、いつまでもここに居てくださいよ。いま、あなたに捨てられては、頼みの福も得られないではないですか。ほんとうに困りますよ」

「それは人間の都合です。わたしたちには関係のない事情です。が、まあ、同族の中には、人に福を与える狐もおりますが、わたしは野良狐でして、そんな力はございません。しかしながら、何日も、このようにご馳走してくださったのですから、お礼に福を授ける狐と入れ替わり、願いを叶えましょう」

「もっともなご意見のようです。が、もしあなたが去った後、万一、代わりの狐が来なければ、これまでの出費が無駄になり、破産してしまいます。できれば、その福を授ける狐を、ここへ呼び寄せた後、即座に入れ替わってくださいよ」

「うーんごもっとも。考えてみましょう」

次の日に狐は言う。

「昨夜、仲間の所へ行きまして、入れ替わってくれるよう相談しましたところ、納得してくれましたので、わたしはこれにて、おいとまします。この仲間が来て、わたしの代わりに願いを叶えるでしょう」

「いや、昨日申しましたとおり、もし偽りであれば身の破滅ですから。お仲間を連れて来られて、願いが叶ってから、お帰りください」

「いやいや、一つしかない人の体に、二匹の狐が即時に入れ替わることはできません。まず私がこの人の体を、都合よく隠し、それから入れ替わるしかないのです。ご馳走になった恩がありますし、どうしてこのうえ、わたしが嘘をつきましょう。疑わないでください」

「ならば、さっそく福を与える狐と替わってください。手遅れにならないよう、お願いしますよ」

狐の憑いた妻は、ふらりと外へ出るように見えて、そのまま気絶して倒れた。

Sponsored Link

その夜、約束どおり別の狐が憑いて、やはり妻の口を借りて話しはじめた。

「仲間に頼まれて入れ替わりました。福を授ける手段を考えてみましたが、どうもあなたは生まれつき貧乏になる因縁でして、一向に手だてがありません。しかしながら、とてもご親切なかたなので、少しばかり福を授けましょう。ただ毎日食うに困らない程度ですが」

「それはそれは、かたじけない。今までの苦しみが少しでも楽になるのなら、これ以上、どんな願いがあるものですか」

大喜びの夫に、狐は言う。

「あなたには以前、一人の娘がおりましたね」

「おっしゃるとおり。ですが、乳の出も少なく、養育する手段もないまま、捨て子にいたしました」

「その娘が、今は相応の身の上となっております。例の食うに困らない程度の福は、さずかるでしょう。間もなく、その娘とお逢いできましょうが、ただし、一度だけですぞ。もう一度逢いたいなどと思われては、せっかくわたしが考えた方法も、尻切れトンボになってしまいます。そこのところを重々、ご承知の上でしたら、願いを叶えましょう」

「かたじけない。何とお礼を言ってよいものか」

夫はますます喜んで、さらにご馳走を用意した。狐はとても迷惑な様子で、

「貧乏なさっているのに、この上ご馳走されてはたまりません。もはや用もございませんので、これで家を去りましょう」

「せめて今しばらく!」

夫は引きとめるが、

「いやいや、このような難儀の有様を見て、どうして片時も逗留できましょう」

狐が出て行ったかと思えば、妻はまた忘我の状態に陥り、気を失った。

しばらくして、ようやく意識を取り戻したが、この話をしても一向に覚えていなかった。

ともあれ、狐が福を授けてくれるというので、夫婦は楽しみに待っていた。

二、三ヶ月は、何の音沙汰もなかった。

あるとき、京都から来たという男が一人、家を訪ねた。娘からの伝言をことづかっていた。

「不思議にも、ここに実の両親がいらっしゃることを知りました。明日、お目にかかります。決して外出なさらないように」

待ち受けていたことなので、大喜びし、外出しないと約束して男を帰した。

果たして、翌日に娘が来た。

両親を見て泣き、しばらく語り合い、*金子三百疋(きんす さんびゃっぴき)の目録を残して帰った。

※疋(ひき)は銭を数える単位で十文(じゅうもん)のこと:金子三百疋とは一文銭が3000枚分のお金のこと。現在の金額に換算すると約30万円相当

それから毎月、金三百疋ずつ、娘が送ってきたので、ようやく赤貧から逃れ、夫婦は以前よりも安らかに暮らした。

けれども、娘にはそれっきり、二度と逢えなかった。娘のほうからも、

「決してわたしを訪ねないでください。訪ねれば、お互いのためになりません」

と、たびたび言ってきたので、そのままであった。

じつは、捨て子を拾った者が、この娘を島原(花街)へ売り、今は太夫(最高位の芸妓)となっていたのだ。

ゆえに面会をはばかったのだという。

しかし、夫婦が実の親だと知って、わざわざ一度は逢いに来たのは、どういうわけだろう。
例の福を授ける狐とやらが、夢の中で告げたのだろうか。

[出典:『譚海』 津村淙庵(津村正恭)著 京都の貧窮の妻に狐托せし事]

(了)

 

最強の都市伝説(3) [ 並木伸一郎 ]

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 怪談
-,

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2019 All Rights Reserved.