ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編

形の無い幽霊

更新日:

 町の外れに、ある夫婦が住んでいました。その夫婦には、まだ幼い子供がいました。

2008/01/07(月) 03:08:59 ID:lVbf9i900

ある日の事です。

外で遊んでいた子供が、泣きながら家に帰ってきました。

母親が心配して事情を聞くと、「お化けに追いかけられたの」と子供は言いました。

母親は不審者に追いかけられたのではと思い、どんなお化けかを聞きました。

しかし、子供は分からないと言うばかりです。

母親は何か見間違えたと思い、子供をあやしました。

それから何日か経った後、子供がいつものように外に遊びに行きました。

しかし、いつになっても帰ってきません。

両親は子供を探しに行きましたが、見つけることはできませんでした。

翌日、両親は警察に連絡し、子供の捜索をしましたが、結局手がかりは見つかりませんでした。

両親は、もうこの世には居ないのものだと思い、深く悲しみました。

そして、十年の月日が経ったある日の事です。

父親が仕事から戻ると、母親が落ち着きが無い様子で言いました。

「あなた!あの子が、あの子が帰ってきたの!」

父親が母親と一緒に子供の部屋に行くと、確かに居なくなった子供が居ました。

母親はひどく喜びましたが、父親はおかしいなと思いました。

なぜなら、生きていれば高校生ぐらいのはずなのに、子供の姿が十年前と全く変わっていなかったからです。

父親はただ事ではないと思い、翌日、近所の寺の住職に事情を話し、家に来てもらうことにしました。

母親が子供を住職のもとに連れてくると、住職はとても驚きました。

両親が子供と言っていたものが、住職から見たら、影のように黒いモヤモヤしたものだったからです。

そして住職は両親に言いました。

「あなたの子供は、残念ですがすでにこの世にはいません。そして、あの世にもいません」

両親は事態が飲み込めず、どういうことか住職に聞くと、

「そこにいるのは、多数の死んだ人間の怨霊の塊です。子供さんの魂は、それに喰われてしまいました」

住職は恐怖し、自分ではどうすることもできないことを両親に伝え、結局そのまま帰ってしまいました。

その後、両親を見かけることはありませんでした。

 

関連話

残念ですが……

小野不由美の悪霊シリーズ
悪霊はひとりぼっち

古墳の跡地に建ってた学校の敷地が、幽霊が外に出られない結界で囲われていた。

本当は呪いの一種なのだが、危険じゃないこっくりさん触れ込みの降霊術を流行らせた男子により、大小さまざまな幽霊を呼びよせてしまい、逃げられずにとどまっていた霊たちが共食いをはじめるようになる……

 

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2018 All Rights Reserved.