短編 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

疳の虫【ゆっくり朗読】

投稿日:

Sponsord Link

こんばんは。初めての書き込みになります。

752 :本当にあった怖い名無し:2022/06/23(木) 21:05:10.08 ID:0cI0p3bU0.net

実際に私が体験した不思議な話をさせていただきます。
創作では無い、自分語りですが最後まで読んでいただけたら幸いです。

20年ほど昔、まだ私が小学校低学年の頃でした。

三人兄弟の末子だった私は自分の部屋が与えられておらず、夕食後には酒を飲んでる親父とリビングにあるテレビを見て、寝るまでの時間潰しをするのが日の常でした。

しかし不幸なことに、我が家のテレビのチャンネル権は親父が自分の絶対君主制を敷いており、その内容も野球や釣り番組などが大半で、凡そ幼い子供の私が楽しめないものばかりでした。

そのせいで学校では流行りのアニメの話題にあまりついて行けず、惨憺たる思いをしたものです。

その日、火曜日の夜九時も親父がテレビのチャンネルを替え、某お宝鑑定番組を観始めました。

道端で拾った石ころが実は隕石で数百万の値が付いたり、大金を払って買った伊万里が二千円になったりして出品者が狂喜乱舞怒髪衝天するアレです。

親父の見るものの中では数少ないバラエティ性の高い番組な事もあり、私の中では割と高ランクでした。

数年後に暴力団と問題を起こして自分が芸能界を追放される運命である事などまだ知らない某司会者の軽妙なトークで番組は進行していき、『曰く付きのお宝鑑定大会(正式な名称は忘れました)』という企画が始まりました。

その企画の半ばあたりで、とある「お宝」が出品されました。

出品者が語るに、その「お宝」へ向かって手を合わせると指と爪の間から白い糸が出るとのことです。

それまでは、やれ人の生き血を吸う妖刀だの、やれ涙を流す屏風絵などと言ったインパクトの高い「お宝」ばかりだった事もあり、幼心ながらにショボッ!と思ったことをよく覚えています。

何を考えたのか私はその「お宝」へ向かってふと手を合わせました。もちろんテレビ越しにです。

そうしてしばらくすると、何と本当に私の両の手の指先から白い糸が10本程生えてきたのです。

糸の長さは指と爪の間から1cm程で、太さは1mmも無いくらい、布繊維一本ぶんくらいのとても細い物でした。

愕然とした私は、それでも抜かなければと思い糸を摘んで引っ張りました。

すると、肉体の中にあるはずの糸が抵抗なくスルスルと抜けて、全長10cm未満の短い繊維のようなソレが出てきました。

同じ様に全ての糸を指から引き抜くと、私は何故か親父にバレては面倒くさいと思い、ソレをコッソリとゴミ箱へ捨てました。

これが私の体験した不思議な話です。

特にオチもなくてすみません。

後になって「疳の虫」という現象?を知りました。

疳紐という子供の指先から出ている白い糸抜くと癇癪が治るという迷信ですが、実際に手から糸が出ること自体はあるそうです。

私の体験した物もこれと似たような現象だったのかも知れませんが、後にも先にも私の体から白い糸が出てきたのは、
最近やたら酷い若白髪を除くと、この一度だけです。

その一度が曰く付きの「お宝」へ手を合わせた時と言うのは何ともタイミングも都合も良すぎるため、やはり納得はいかず、何かオカルト的な力が働いたのかと思いこのスレに書き込まさせていただきました。

追申

「お宝」の詳細を書いていないのは、私が覚えていないためです。

掛け軸だった気がするのですが、話のメインでもある為、うろ覚えで書くのも不誠実かと思い省かせていただいきました。申し訳ありません。

この書き込みをするにあたり、当時の放送の映像や画像がネットに残って無いかと思い探してはみましたが、やはり昔すぎるため見つかりませんでした。

もし検索が得手の方がいらっしゃいましたら、どうか探してはいただけないでしょうか?
それともし私と同じ放送を見た覚えがある方がいらっしゃいましたら書き込んでいただけると幸いです。

以上です。長文失礼いたしました。

もしスレ違いでもっと相応しいスレがありましたら誘導していただけると助かります。
もし質問等が有りましたら答えられる範囲で答えさせていただきます。

758 :本当にあった怖い名無し:2022/06/23(木) 21:24:38.60 ID:ADv0ahV00.net
>>756
両の手の指先って、すべての指ですか?
耳から白い糸が出るという話は聞いたことありますね。
その糸は実は目の神経で、すべて抜き取ると失明するのだとか。

759 :本当にあった怖い名無し:2022/06/23(木) 21:31:05.69 ID:0cI0p3bU0.net
>>758
質問ありがとうございます。
10本全ての指からと言うわけではなく、両の手合わせて5、6本から計10本程度の糸が出ていました。

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

Copyright© 怖いお話.net【厳選まとめ】 , 2024 All Rights Reserved.