ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖いお話.net【厳選まとめ】

短編 山にまつわる怖い話

爺様と小熊【ゆっくり朗読】

投稿日:

Sponsord Link

爺様がまだ20代だった頃、猟を始めて3~4年目の事。

392 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/21(木) 12:20:51

2月が過ぎてからまもなく、1頭の熊を仕留めた。
近づいてみると、回りに子熊がちょろちょろしている。
普通、冬期の冬篭り期間に出産・授乳し、春先に出てくるので、この子熊はまだ授乳期間中だろう。
爺様は、見捨てるべきか助けるべきかしばらく悩んだ。
放っとけば、2~3日中に間違いなく死ぬだろう。

結局、親を殺した負い目があるので、家に連れて帰ることにした。
親父にえらく怒られたらしいが、今年だけということで了解をとり、
家で山羊を飼っていたんで、その乳を与えて育てた。
近所に知られると嫌がられるので、こっそりとだったみたいだが。
なかなか利口な奴だったみたいで、そこいらの猟犬の子より賢かったとの事だ。

爺様が子熊のことを、『奴』とか『野郎』とかしか呼ばないんで、
「名前は付けなかったのか」と聞いたら、「付けたけど忘れた」だって。

春まで家で面倒をみて、夏から裏にある家の山の木の穴に住まわせ、定期的に食い物を持って行ってた。
爺様が来ると喜んで体当たりしてきてたが、爺様が転んだらやらなくなったらしい。
その年はそこで冬篭りをさせ、次の年の春、猟でも入らないような奥山に連れて行って放した。
なかなか離れなかったらしいが、怒鳴ったら逃げてったとの事。

それから4年目の夏、お婆さんと一緒に山芋採りに近くの山に入った村の女の子が、行方不明になった。
村の連中で捜索隊が組まれ、爺様も参加したが、一向に見つからない。
1週間が過ぎて、もう駄目だろうという声が出始めた頃、2つ先の山の中で発見された。
皆が1週間も良く無事でと思い話を聞いてみると、不思議な話を言い始めた。
朝、目が覚めると、近くに木イチゴ、アケビ、山芋が一杯おいてあるので、食べたと言う。
村の連中は「天狗のおかげだ」とか、「山の神様のおかげだ」とか色々なことを言って感謝しているが、
爺様は、あの野郎だとピンときた。
木イチゴもアケビも山芋も、あの子熊の大好物だ。
裏山にいた時、爺様の所にも持って来たことがあって、褒めた事があったらしい。

そこで爺様は次の日、発見した山に出かけて、
「こんな近くに来たら危ねえじゃねえか!とっとと遠くに行け!」と怒鳴り回って来た。
その晩、爺はでっかい熊に体当たりをくらわされて崖から落ちる夢を見たらしい。

まあ、気持ちは判るが、熊が気の毒になった話だった。

一般常識として、熊は冬眠するものと考えてると思うが、
実際は真冬にうろつく奴も結構いるらしいんで、注意してくれ。

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 山にまつわる怖い話

Copyright© 怖いお話.net【厳選まとめ】 , 2022 All Rights Reserved.