ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編 人形にまつわる怖い話

奉納人形

更新日:

Sponsord Link

俺が、小学の頃だったかな、季節は八月くらい。夏休みの終わりの頃だった。

俺の故郷は、海の近くで海岸線には堤防があり、堤防の近くの土手でよく仲間と遊んでいたものだった。

その日は夏休みももうすぐ終わろうとしている頃で、俺達はスケボーを持ち出して、その堤防の土手の近くでスケボーをしていた。

しばらくたって俺は喉が渇いたんで、近くの自販機までジュースを買いにいった。

他の仲間達はまだ土手でスケボーしているのが自販機のとこからでも見えた。

ジュースを買って土手のところまで戻っている途中、ふと気づいた。

「……仲間の一人がいない」

俺は、そいつがいないことを他の仲間に言った。

「タカトシがいないみたいなんだけど」

すると他の仲間は、皆知らないみたいで、

「さっきまで確かにいたんだけどなぁ」ってかんじで、どこにいったのか知らないみたいだった。

その時間、海は満潮で、風もつよく波は荒れていた。

海に落ちたりしていたのなら大変なことになる、そう思った俺らは、急いでタカトシを探し始めた。

土手の下は草が覆い茂っていて、ひどいところでは人の背丈にもなる。

そこをかき分けて、仲間と一緒にタカトシの名前を叫びながら探していた。

そこに仲間の一人の声が聞こえた。

「いたぞーーー!」

俺達はその声がしたところに急いで駆けつけた。

そこには、タカトシが倒れていて、そばに叫んだ仲間の姿があった。

タカトシの顔は真っ青で、左の足首を押さえてうずくまっていた。

顔中汗でぐっしょり、うわごとのようになにかブツブツ言っている。

俺達はこれはただごとじゃぁないって感じて、すぐそいつをチャリに乗せて、近くの病院に連れて行き、タカトシの両親に連絡をとった。

タカトシは、複雑骨折だった。

それが不思議な事に、縦に骨が砕けているような感じだったそうだ。

タカトシの両親からお礼を言われて、俺達は家に帰った。

 

Sponsored Link

二学期を迎えて、最初の日曜日。

俺はそのとき一緒だった仲間とタカトシが倒れていた草むらを探検しに行った。

なぜあんなところにタカトシは倒れていたのか?

なぜあんな怪我をしたのだろう?

……ちょっとした探偵のような気分だった。

しばらく見て回ったのだが、何もみつからなかった。

一緒に探索していた仲間は、飽きてきたらしく、土手に行ってスケボーをし始めた。

俺もそろそろ飽きてきた。

その時だった。

タカトシが倒れていた場所の少し向こうに草が生えていないところを見つけた。

近づくと、そこは何かを燃やした後のようで、炭になったものが山のように重ねられていた。

ゴムが焼けたような嫌な匂いがした。

近づいてゆっくりとそれらを観察してみた。

全身に鳥肌が立つのが分かった。

それらはすべて《人形》だった。

京人形のようだった気がする。

切れ長の目や、小さな唇が真っ黒に焼け焦げていて、その人形が全部で五十体くらい……

いやもっとあったような気がする。

ひとつだけその山から手前に落ちていた人形が目にとまった。

その人形の左足首が真っ黒に焦げて、溶けおちていた。

あまりにも恐ろしくて、その人形のことは仲間にも言わなかった。

ただ早く家に帰りたくて、仲間をせかしてその場を離れた。

帰宅して、両親にその事を話してみた。

両親は、最初笑いながら聞いていたが、俺が人形を見たというあたりで、顔つきが険しくなった。

俺は、両親から、静かにある事を聞かされた。

俺の住んでいる町は昔、海だったこと。

それを干拓して、埋め立てたこと。

その作業は、当時は大変で、多くの人間が犠牲となったこと。

犠牲となった人たちを供養するために、神社に人形をそのつど奉納していたこと。

人形を奉納していた神社は、今は朽ち果てて、誰も訪れる人がいなくなってしまったこと。

そしてその神社が、俺達がスケボーして遊んでいたあの土手の直ぐ近くにあるということ。

……誰があの人形をあの場所で燃やしていたのかは分からない。

あの時なにがあったのかをタカトシに聞いても、口を閉ざして何も話さなくなってしまう。

あれからずいぶんと長い時間が流れたが、俺は今でも人形が嫌いだ。

たとえどのような人形でも、あの時のことを思い出してしまうから。

(了)

呪胎怪談 [ 吉澤有貴 ]

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 人形にまつわる怖い話

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2019 All Rights Reserved.