ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編 心霊

ホンモノの心霊写眞

更新日:

Sponsord Link

大学2年の前期の英語の先生が面白い人だった。

ウチの大学の先生ではなくて、専攻も全然違うけど、英語だけ教えに来てた。

先生の専攻はその名も妖精学。

妖精の伝承なんか(生態もか……?)を調べているらしく、授業中に妖精のフェロモンが入っている瓶とやらを見せてくれた、かなりファンキーな先生だった。

先生自身見える人らしく、授業の行われてた教室の建物(新しめの八階建て)のどこどこで自殺者の霊を見た~などと授業の導入で聞かせてくれていた。

そんな先生がある日心霊写真の話をしてくれた。

「TVで取り上げられてるやつは殆どがでっちあげなんだよ~」

と訳知り顔の先生。

「本当の心霊写真はね……」

以下先生の話。

ある日写真を整理している時に、懐かしい写真が出てきた。

学生の頃に旅行に行った時に撮った写真だ。

何人かで並んで写っている写真に何か違和感。違和感の正体は写真に写る一人の人物の顔だった。

若かりし頃の自分と並んで写る、明らかに今の自分と同年代に見える男。

その人物は、当時のそこに写っていたはずの彼が、何十年も歳を重ねた姿のように見えた。

ただならない雰囲気を感じ、十何年かぶりに彼と連絡を取ると、予想に反して何も変わりなさそうな当人が出た。

取り越し苦労かと思い、しばらくその写真を放置していた。

何日かたった後、再びその写真を見ると、件の人物の顔にまたしても違和感があった。

写真には変わらず若い時分の自分と数人の仲間、それに同年代に老けた男が写っていたが、その彼が、前に見たときよりも老けているのだ。

見間違いかとも思ったが、数日後、更に間違いなく老けていた。

暫くたち、すっかり老人と化した写真の中の男。

いよいよおかしいと思った翌日なんと、男の首から上が、『無くなっていた』

驚き慌てて彼に再び連絡を取ると、電話には彼の妻がでた。

彼はどうしているかと尋ねると、

『実は、先日お電話を頂いた次の日から身体を壊し、入院をしていたんです……でも、昨日とうとう死んでしまって……』

 

「本当の心霊写真は写真の中の人が変わっていくんだよ……」

と先生は言ってた。

(了)

 

恐怖体験 呪詛の呟き [高港基資]

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 心霊

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2019 All Rights Reserved.