ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

不思議の国のお友達

投稿日:

Sponsord Link

俺には幼稚園から小学校低学年まで仲良かった、カズヤって幼なじみがいた。

82 :本当にあった怖い名無し:2011/08/02(火) 01:00:49.02 ID:4vw3lneSO

すぐ近くなんだけどカズヤが引っ越しをして、隣の小学校に転校しちゃったんだよね。

それで暫く疎遠になってたんだけど、中学に入ると同じ学校になって、嬉しかったから話し掛けたら、俺のこと覚えてないんだよ。

「引っ越しもしたことないし、おまえ誰?」って感じの扱いで、すっごく寂しい思いをした。

結局また仲良くなって、家に行ったんだけど、カズヤの親も弟のSも間違いなく知ってるのに、向こうはこっちを知らないんだよ。

親同士も仲良かったから、俺の親に聞いても覚えてない。

昔あったことは向こうも知ってるんだけど、場所とか一緒にいたメンバーが全然違う。

なんで知ってるのか気味悪がられちゃったりしてヘコんだなー。

共通の(はずの)友達も知らないって言うし、意味不明。

地元離れてもう連絡もとってないけど、あれはなんだったんだろ?

 

……

 

パラレルが気になって実家に電話してみた。

昔と今の俺でなんか違うことがないかを聞いたんだが、面白いことを思い出した。

何歳頃かはわからんけど、昔にアリス症候群的な感覚にしょっちゅう陥ってた時期があったんよ。

周りの物が大きく見えたり、妖精が踊ってるのを見たり、明らかにおかしかった。

あとは、霊的なものを見たりもしていたなー。

母親がいうには、ばぁちゃんの友達を見たり、誰もいないとこに手をふったりしてたらしいよ(笑)

で、いつだったか内容は忘れたけど、何か怖い感覚になってさ。

二段ベッドとか机とか倒しまくって暴れに暴れて、収拾がつかなくなったことがあったんよ。

んで、怒られると思って、リビングに行って何も知らないふりしてた。

結局怒られなくて、部屋に戻ったら元通りになってて、なんで?って思ったことがある。

母親の記憶だと、俺がおかしかったのは覚えてたけど、暴れたのは知らんらしい。

その頃から、アリス症候群的なのは治まった記憶があるんだよなー。

変わったとすればあの頃なんかなーとか思った。

でも、カズヤとは関係ないし、やっぱりわかんねーや(笑)

 

Sponsored Link

参考資料

不思議の国のアリス症候群(ふしぎのくにのアリスしょうこうぐん、AliceinWonderlandsyndrome、AIWS、アリス症候群)とは

知覚された外界のものの大きさや自分の体の大きさが通常とは異なって感じられることを主症状とし、様々な主観的なイメージの変容を引き起こす症候群である。

この症候群の名前は、ルイス・キャロルの児童文学『不思議の国のアリス』で薬を飲んだアリスが大きくなったり小さくなったりするエピソードに因んで、1955年にイギリスの精神科医トッド(英語:JohnTodd)により名付けられた。

典型的な症状は、眼に障害がなく外界が通常と同じように見えていると考えられるにもかかわらず、一方では主観的にそれらが通常よりも極めて小さな、または大きなものになったように感じられたり、ずっと遠く、あるいは近くにあるように感じられたりする。

例えば、子供が自分の母親が自分より小さくなったように感じたり、蚊が数十cmもあるように見えたりする。

自分の体は逆にそれぞれ大きく、または小さくなったように思うこともある。

外界が小さく感じられるものを小視症(英語版)、大きく感じられるものを大視症(英語版)、ひずんで感じられるものを変視症(英語版)と呼ぶ場合もあるが、これらの呼称は眼底疾患など視覚そのもの障害による症状においても用いられている。

この症状にはさまざまなバリエーションがある。

対象や位置が限定されており、例えば、人の顔以外を見たときにのみこの現象が現れたり、視野の右半分だけが2倍の大きさになったように感じたり、テレビに全身が映った人物の顔と体の比率が歪み、何頭身であるかを認識できなくなったりする。

大きさだけでなく色覚についても異常が起こることもあり、例えば自分の母親が緑色に見えたりする。

また、この現象は視覚だけでなく時間の感覚に関して類似した現象が起こることもあり、時間の進み方が速くなったり遅くなったりしたように感じる人もいる。

空中を浮遊するような感覚も特徴とし、現実感の喪失や離人症状も現れることがある。

現象は数分で終わることが多いが、何日も継続する場合もある。

この症状は、ヘルペスウイルス科の一種のエプスタイン・バール(EB)ウイルスの初期感染で引き起こされた中枢神経系の炎症での報告が多い。

EBウイルスは、日本では子供のころにほとんどの人が感染するもので、おそらくこのために、子供のころ一過性のこの症状を体験した人は比較的多い。

大人になっても不思議の国のアリス症候群を定常的にもつ人の多くは偏頭痛をもっている。また、他のウイルスによる脳炎、てんかん、統合失調症の患者からも報告されることがある。

さらにある種の向精神薬によってもこの症状が現れることがある。

またまれにうつ病の前触れとなったという報告もある。

ルイス・キャロルは偏頭痛に悩んでいたことが知られており、彼自身がこの症状をはじめとする作品内のエピソードを体験していたかもしれないとする推測がある。

このような症状がどのようにして起こるのかはまったく不明である。症候群自体の認識が薄いこともあり、報告は多くない。

EBウイルスに罹患した患者において、限定された画像法でのみ短期間で一過性の大脳皮質の広範囲の変異が認められたという報告があるが、限局した病巣を認めるような報告はなく、脳の広い範囲が関わっているものと示唆される。

[出典:Wikipedia]

(了)

 

山怪 山人が語る不思議な話 [ 田中 康弘 ]

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2019 All Rights Reserved.