ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

「岡本綺堂」 一覧

【岡本綺堂 傑作選】異妖編(三)龍を見た話

2020/12/22   -短編, 岡本綺堂

異妖編 (三)龍を見た話 ここにはまた、龍をみたために身をほろぼしたという人がある。 それは江戸に大地震のあった翌年で、安政三年八月二十五日、江戸には凄まじい暴風雨が襲来して、震災後ようやく本普請の出 ...

【岡本綺堂 傑作選】異妖編(二)寺町の竹藪

2020/12/21   -短編, 岡本綺堂

異妖編 (二) 寺町の竹藪 これはある老女の昔話である。 老女は名をおなおさんといって、浅草の田島町に住んでいた。そのころの田島町は俗に北寺町と呼ばれていたほどで、浅草の観音堂と隣り続きでありながら、 ...

【岡本綺堂 傑作選】異妖編(一)新牡丹燈記

2020/12/20   -短編, 岡本綺堂

異妖編 (一) 新牡丹燈記 剪燈新話のうちの牡丹燈記を翻案した、かの山東京伝の浮牡丹全伝や、三遊亭円朝の怪談牡丹燈籠や、それらはいずれも有名なものになっているが、それらとはまたすこし違ってこんな話が伝 ...

【岡本綺堂 傑作選】経帷子の秘密(きょうかたびらのひみつ)【ゆっくり朗読】

2020/12/20   -中編, 岡本綺堂

【岡本綺堂 傑作選】経帷子の秘密(きょうかたびらのひみつ)【ゆっくり怪談】 一 吉田君は語る。 万延元年――かの井伊大老の桜田事変の年である。――九月二十四日の夕七つ半頃(午後五時)に二挺の駕籠かごが ...

【岡本綺堂 傑作選】雷見舞~三浦老人昔話より【ゆっくり怪談】

2020/12/20   -中編, 岡本綺堂

【岡本綺堂 傑作選】雷見舞~三浦老人昔話より【ゆっくり怪談】 一 六月の末であった。 梅雨の晴間をみて、二月ぶりで大久保をたずねると、途中から空の色がまた怪しくなって、わたしが向ってゆく甲州の方角から ...

【岡本綺堂 傑作選】影を踏まれた女

2020/12/19   -中編, 岡本綺堂

影を踏まれた女/岡本綺堂 (一) Y君は語る。 先刻も十三夜のお話が出たが、わたしも十三夜に縁のある不思議な話を知つてゐる。 それは影を踏まれたといふことである。 影を踏むといふ子供遊びは今は流行らな ...

【岡本綺堂 傑作選】鰻に呪われた男 

2020/12/18   -中編, 岡本綺堂

一 「わたくしはこの温泉へ三十七年つづけて参ります。いろいろの都合で宿は二度ほど換えましたが、ともかくも毎年かならず一度はまいります。この宿へは震災前から十四年ほど続けて来ております。」 痩形(やせが ...

【岡本綺堂 傑作選】月の夜がたり

2020/12/17   -中編, 岡本綺堂

月の夜がたり(つきのよがたり) 岡本綺堂 (一) E君は語る。 僕は七月の二十六夜、八月の十五夜、九月の十三夜について、皆一つずつの怪談を知っている。 長いものもあれば、短いものもあるが、月の順にだん ...

【岡本綺堂 傑作選】木曽の旅人

2020/12/16   -中編, 岡本綺堂

【岡本綺堂】木曽の旅人 一 T君は語る。 そのころの軽井沢は寂(さび)れ切っていましたよ。それは明治二十四年の秋で、あの辺も衰微の絶頂であったらしい。なにしろ昔の中仙道の宿場(しゅくば)がすっかり寂れ ...

【岡本綺堂 傑作選】麻畑の一夜

2020/12/15   -中編, 岡本綺堂

【岡本綺堂】麻畑の一夜      一 A君は語る。 友人の高谷君は南洋視察から新しく帰って来た。日本でこのごろ流行する麻つなぎの内職に用いる麻は内地産でない。九分通りはマニラ麻である。フィリピン群島に ...

【岡本綺堂 傑作選】鯉

2020/12/14   -中編, 岡本綺堂

【岡本綺堂】鯉 一 日清戦争の終った年というと、かなり遠い昔になる。もちろん私のまだ若い時の話である。夏の日の午後、五、六人づれで向島へ遊びに行った。そのころ千住の大橋ぎわにいい川魚料理の店があるとい ...

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2021 All Rights Reserved.