ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編 山にまつわる怖い話

キャンプに行く途中で

更新日:

Sponsord Link

これは私が小学校中学年ぐらいの事だったと思います。

ある夏の日、家族四人でキャンプに出掛けることになりました。

いつも車に乗る時は、運転席がお父さん、助手席がお母さん、右が妹、左側が私と決まっていました。

私と妹は車に酔いやすいので、いつも窓を全開にして、顔を出して乗っています。

今回は初めて行くキャンプ場で、田園風景の中を走っていると、お父さんが道に迷ったようでした。

その頃はナビもなかったのでぐるぐると回っていましたが、人も誰もおらず、とりあえず停まってみるとちょうど立札が倒れており、キャンプ場への道が偶然分かりました。

立札の通りに道を進んでいくと、山道へと変わってきました。

妹側は山側で、私の方は川だったり木々が見えてたり……

そんな時、パァーと開けた広い野原のような景色が見えてきました。

今までと違う景色に目を奪われていると、遠くの方に錆で覆われたような古ぼけた一台のバスが見えました。

よーく見てみると、そのバスには人が乗っています。

「えっ?!」と思いもう一度見直して見ると、老若男女さまざまな人たちが顔や体を怪我をしているようで、服もボロボロで血だらけなのです。

その人たちが全員、私のほうを見ていたのです。

私は恐ろしくなって、思わず顔を伏せました。

顔を上げた時は、もう景色も変わっていて普通の山道に戻っていましたが、このことは怖くて家族には話せませんでした。

その後は何も起きませんでしたが、今でも忘れられません。

あの体験は本当の事だったのか……

今でも分かりません。

(了)

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 山にまつわる怖い話

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2019 All Rights Reserved.