ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編

エンジェル様

投稿日:

Sponsord Link

私が高校三年生の頃、こっくりさんやエンジェル様などが流行りました。

でもみんな怖がりやそんなん馬鹿らしという人ばかりでうちの高校ではあまりやる人はいませんでした。

しかし私は怖いの大好き、好奇心に勝てませんでした。

そういう子が友達に一人いて、仮にA子とします。

二人が興味があるということで放課後二人でエンジェル様をやることにしました。
(なんだかこっくりさんは怖かったので……)

放課後二人で誰もいない教室に机を一つ、椅子を向かい合わせで用意し、座りました。

詳しく知っていたのはA子なので紙の書き方やエンジェル様の呼び方など教えてもらい、始まりました。

エンジェル様は十円玉ではなく鉛筆です。

そして降りてくると鉛筆が動き質問に答えてくれます。

鉛筆で『あ』だったら『あ』の周りをクルリと円を描きます。

スルスルと動き、質問に答えてくれるエンジェル様に私たちは、はまりました。

連日でエンジェル様をやって三日目の日、あまりにもスルスルと動く鉛筆に、

もしかしたらA子が動かしているんじゃないか?という疑惑をもちました。

勿論、私は動かしていなかったので。

しかし、そうではなかったのです……

その三日目の日、どちらからともなく

『私のことを好きな人はいますか?』という質問をしました。

鉛筆はスルスルと動き円を描きます。

まずは私からでした。『キャー!うそー?』などといいながら、二人ではしゃいでいました。

同じ質問で『A子を好きな人はだれですか?』で一人目の名前をスルスルと動き円を描きます。

二人目の名前をスルスルと動き円を描きます。

そして三人目の名前をスルスルと動き円を一つ、二つ描きました。

そして三つ目の円を描こうとした時、A子は真っ青な顔になり、

『おもどりください!おもどりください!』と言いました。

私は訳がわからず『?』でしたが、無事エンジェル様が帰ってくれて二人で学校を出て、

私が『なんで、いきなり終わっちゃったの?』と聞いたら、A子は暗い顔で

『一個目の文字が[し]、二個目の文字が[に]だったでしょ?次の鉛筆は[ん]に向かってた……』と言いました。

私は全身の鳥肌が立ちました。

鉛筆を動かしていたのはA子じゃなかったんだ……

そして最後の三文字……

それ以来私たちはエンジェル様をすることはなくなりました。

 

《こっくりさん》に関連するお話の一覧はこちら
⇒ https://kowaiohanasi.net/tag/kokkurisan

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編
-

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2019 All Rights Reserved.