ネットで有名な怖い話・都市伝説・不思議な話 ランキング

怖い話ネット【厳選まとめ】

短編 都市伝説

童謡『赤い靴』の秘密【都市伝説】 

投稿日:

Sponsord Link

赤い靴 はいてた 女の子
異人さんに つれられて 行っちゃった
横浜の 埠頭(はとば)から 船に乗って
異人さんに つれられて 行っちゃった
今では 青い目に なっちゃって
異人さんの お国に いるんだろう
赤い靴 見るたび 考える
異人さんに 逢うたび 考える

赤い靴は、1922年に童謡作詞家、野口雨情が作詞をして発表したものでございます。

この話は、実話がモデルとなっておりまする。

岩崎かよ様という女性の娘、きみちゃんが赤い靴の少女のモデルなのでございます。

かよ様は北海道へ仕事の為に渡りまするが、2歳になるきみちゃんを、慣れない土地で育てる自信がありませんでした。

そのため、かよ様は、アメリカ人の宣教師にきみちゃんを預けることにするのでございます。

そのご、きみちゃんは、体調を崩してしまいまして、宣教師から都内にある養護施設へと預けられてしまうのでございます。

結局きみちゃんは、ははさまに会うこともなく、わずか9歳でなくなってしまったのでございます。

この歌詞の一節に「異人さんに連れられて行っちゃった」というものがありまするが、これは、誘拐のことをさしておりまする。

当時、日本人の少女をさらって、海外に売り飛ばす悪質な誘拐犯に、ご用心ご用心という意味がこめられておる、童謡なのでございます。

(了)

本当は怖い日本の童謡 [ 今井康絵 ]

Sponsored Link

Sponsored Link

-短編, 都市伝説

Copyright© 怖い話ネット【厳選まとめ】 , 2019 All Rights Reserved.